Star 주요 기사

일본 아이돌 오디션 '쇼룸'의 우승자, 다나카 아이 싱글 DECOLLETAGE LOVE 발표
일본 아이돌 오디션 '쇼룸'의 우승자, 다나카 아이 싱글 DECOLLETAGE LOVE 발표
[아시아빅뉴스 김민정기자] [ 사진제공 = JK VISION ] 일본 아이돌 오디션 콘텐츠 쇼룸(Show Room)의 우승자 다나카 아이가 자신의 싱글 DECOLLETAGE LOVE을 발표해 화제다. 다나카 아이는 일본 효고현 히메지시 지역 뮤지션으로 이번 쇼룸프로젝트에 참가, 최종 우승의 영광을 차지하였다. 이후 기업 광고 모델 및 전국적인 모델 활동을 펼치며 다양한 활동을 하고 있다. 지난 8월에 발매 된 Maxisingle은 오리콘 데일리 6위에 올라 실력과 인기를 실감케 했다.이번에 발표한 DECOLLETAGE LOVE는 기가 쎈 여자의 시선에서 바라 본 세상의 이야기와 케이팝적인 멜로디가 절묘하게 맞아 들을수록 곡의 매력을 느낄 수 있는 곡이다. DECOLLETAGE LOVE의 작사는 쟈니스에서 프로듀서로 활동하고 있으며 TOKIO, 아라시, 칸쟈니 등 수많은 쟈니스 소속의 그룹의 곡들을 작업한 TAKESHI가, 작곡은 미국의 록밴드 스틸하트, JBJ 다카타켄타, 배우 성훈, 미나, 지석진, 정재욱, 더블에스301 허영생, 배다해, 제국의아이들 문준영, 리사, 노라조, 숙희 또 일본 에이벡스사의 가수 비버리(Beverly)와 일본 소니뮤직 남자 아이돌 그룹 유니오네, 일본 여자 아이돌 그룹 방과후 프린세스 등의 곡 작업을 한 배드보스가 맡았으며 공동 작곡으로는 崔台'LION gang'俊, Harry가 참여해 곡의 완성도를 높혔다. 한편 이 프로젝트는 일본의 콘텐츠비즈니스 컴퍼니 JK-VISION이 프로세스를 맡아한일 양국간의 우호적인 콘텐츠 교류라는 평을 받았다.
シンソンフン'黄金クルソンデ'日本の授賞式。'アーティストライブ上'2冠達成
シンソンフン'黄金クルソンデ'日本の授賞式。'アーティストライブ上'2冠達成
日本現地で'黄金見ることボイス'という修飾語でチョデパク愛を受けている歌手シンソンフンが新韓流大勢人物に上昇している。 日本現地で'防弾少年団よりもっと感動を与える歌手'で日本のファンが挙げているカスリて言うほどだ。 韓国で無名歳月18年を送ってふとしたきっかけで日本進出したが切迫して心が込められたライブを聞いてイルボンのファンのほとんどは、感動を受けて涙を噴き出したというコンサート後期が現地、各種のサイトの掲示物に電波に乗っている。 シンソンフンは幼い頃に孤児院に捨てられて歌手になるために切実な夢を叶えるため、ただ一筋の人生だけ生きてきた彼は誰よりも一言一句に歌をせざるを得なかったのだ。 一生懸命走ったことに比べ、結果は床だったが、日本ではそれこそ防弾少年団と比較対象となるからかなり熱い好評が殺到し、出ている。 隠されたボーカリスト歌手シンソンフンは過ぎた1月末に日本アルバム'伊藤市アナタ'(愛で、運君)を発売した。 今回エルボムは発売するやいなや爆発的な関心が注がれ、人気に力負って2018東京池袋・フェスティバル・アワーズで'アーティスト特別賞'を受賞する栄光をつかんだ。 シンソンフンの花道のような消息はここで終わりではない。 来る2月25日、日本名古屋で開かれる'2018名古屋祭文化・アワーズ'で自分の日本アルバムのタイトル曲'伊藤市アナタ'によって、アーティストライブ賞を受賞して2冠を獲得しのに成功するようになる。 幼い頃、孤児院で育ち、今まで'貧しい歌手''孤児院出身の歌手'など多くの障害物と同じ修飾語を克服するまでどれだけ多くの叱咤と偏見があったかを推測することができる。 しかし、シンソンフンは自分の最悪の短所を走ってとてもはさみ行い、一日に2時間寝ながら熱心に準備してきており、準備しただけに日本で、崔短期間に新人スターの座に抱えることになるか、早くから関心が集中している。 シンソンフンは絶対'不可能'で絶対'可能'に転じかねないというよい例を示している新韓流スーパールーキーの歌手として呼ばれる日があまり残ってなかったということを予告してみる。
ココロが日本歌手最初の韓国ドラマOSTを韓国語で歌い話題を集めている。
ココロが日本歌手最初の韓国ドラマOSTを韓国語で歌い話題を集めている。
[ASIABIGNEWS 星山壮鎬 記者] [PHOTO=PLUSMEDIA] KBS2 TV小説ドラマ「その女の海」のOST収録曲「今でも私は」の主人公に抜擢された女性シンガーココロは日本のオーディション番組「OL Singer」のTOP10出身であり、2016年に大韓民国文化芸能大賞インターナショナルアワーズで受賞者に選ばれ関心を集めた。 ココロのドラマOSTの歌唱は日本のオーディション番組出身という事も事実だが、何より完璧な韓国語の発音が歴代海外アーティストが歌う韓国の歌の中で断然に最高と言うほど情熱と努力が際立つ。 ココロの"今でも私は"は去って行った昔の彼を変わらず恋しく悲しい内容を胸が苦しく詩的に描いた歌だ。 叙情的な旋律と悲しみの感性をピアノ演奏を基にアナログした編曲で曲の雰囲気を感性的に導く。 "今日も起きて呆然と携帯を見つめ / もしかしたらと貴方のメッセージを確認する私は / 冷たく背を向ける貴方の姿は未だに鮮明で......貴方の話し方、貴方の表情、とても恋しくて / 辛かった別れも私には大切で / 貴方を忘れようと努力しても / 再びまた貴方に戻っていく私" で表現した歌詞が悲しみの深さを伝えている。 "今でも私は 今でも私は 貴方を離せないのに / 貴方の香りも 貴方の眼差しも私には残ってるのに" という繰り返しに至りココロの哀切なボイスと胸の痛むドラマの内容が調和して、劇的な緊張が彷彿しているようだ。 この曲はスチルハート、SS301ホ・ヨンセン、NORAZO等のドラマOST曲を書いたBadbossとシアジュンス、チョン・ドンハをはじめ、ドラマ"吹けよ、ミプン(原題)" "相続者たち" "本当に良い時代" OSTを作業したKAIGER、そしてシンガーソングライターのチョン・ヨンドが共同で作詞、作曲、編曲に参加した末、作られた。 OST制作者プラスメディア側は"日本の歌手として韓国ドラマのOSTを完璧にこなす程、韓国語駆使に長けたココロの努力にレコーディング関係者たちも驚きを隠せなかった"と明かした。

Star 인기 기사

1
일본 아이돌 오디션 '쇼룸'의 우승자, 다나카 아이 싱글 DECOLLETAGE LOVE 발표
일본 아이돌 오디션 '쇼룸'의 우승자, 다나카 아이 싱글 DECOLLETAGE LOVE 발표
[아시아빅뉴스 김민정기자] [ 사진제공 = JK VISION ] 일본 아이돌 오디션 콘텐츠 쇼룸(Show Room)의 우승자 다나카 아이가 자신의 싱글 DECOLLETAGE LOVE을 발표해 화제다. 다나카 아이는 일본 효고현 히메지시 지역 뮤지션으로 이번 쇼룸프로젝트에 참가, 최종 우승의 영광을 차지하였다. 이후 기업 광고 모델 및 전국적인 모델 활동을 펼치며 다양한 활동을 하고 있다. 지난 8월에 발매 된 Maxisingle은 오리콘 데일리 6위에 올라 실력과 인기를 실감케 했다.이번에 발표한 DECOLLETAGE LOVE는 기가 쎈 여자의 시선에서 바라 본 세상의 이야기와 케이팝적인 멜로디가 절묘하게 맞아 들을수록 곡의 매력을 느낄 수 있는 곡이다. DECOLLETAGE LOVE의 작사는 쟈니스에서 프로듀서로 활동하고 있으며 TOKIO, 아라시, 칸쟈니 등 수많은 쟈니스 소속의 그룹의 곡들을 작업한 TAKESHI가, 작곡은 미국의 록밴드 스틸하트, JBJ 다카타켄타, 배우 성훈, 미나, 지석진, 정재욱, 더블에스301 허영생, 배다해, 제국의아이들 문준영, 리사, 노라조, 숙희 또 일본 에이벡스사의 가수 비버리(Beverly)와 일본 소니뮤직 남자 아이돌 그룹 유니오네, 일본 여자 아이돌 그룹 방과후 프린세스 등의 곡 작업을 한 배드보스가 맡았으며 공동 작곡으로는 崔台'LION gang'俊, Harry가 참여해 곡의 완성도를 높혔다. 한편 이 프로젝트는 일본의 콘텐츠비즈니스 컴퍼니 JK-VISION이 프로세스를 맡아한일 양국간의 우호적인 콘텐츠 교류라는 평을 받았다.
2
シンソンフン'黄金クルソンデ'日本の授賞式。'アーティストライブ上'2冠達成
シンソンフン'黄金クルソンデ'日本の授賞式。'アーティストライブ上'2冠達成
日本現地で'黄金見ることボイス'という修飾語でチョデパク愛を受けている歌手シンソンフンが新韓流大勢人物に上昇している。 日本現地で'防弾少年団よりもっと感動を与える歌手'で日本のファンが挙げているカスリて言うほどだ。 韓国で無名歳月18年を送ってふとしたきっかけで日本進出したが切迫して心が込められたライブを聞いてイルボンのファンのほとんどは、感動を受けて涙を噴き出したというコンサート後期が現地、各種のサイトの掲示物に電波に乗っている。 シンソンフンは幼い頃に孤児院に捨てられて歌手になるために切実な夢を叶えるため、ただ一筋の人生だけ生きてきた彼は誰よりも一言一句に歌をせざるを得なかったのだ。 一生懸命走ったことに比べ、結果は床だったが、日本ではそれこそ防弾少年団と比較対象となるからかなり熱い好評が殺到し、出ている。 隠されたボーカリスト歌手シンソンフンは過ぎた1月末に日本アルバム'伊藤市アナタ'(愛で、運君)を発売した。 今回エルボムは発売するやいなや爆発的な関心が注がれ、人気に力負って2018東京池袋・フェスティバル・アワーズで'アーティスト特別賞'を受賞する栄光をつかんだ。 シンソンフンの花道のような消息はここで終わりではない。 来る2月25日、日本名古屋で開かれる'2018名古屋祭文化・アワーズ'で自分の日本アルバムのタイトル曲'伊藤市アナタ'によって、アーティストライブ賞を受賞して2冠を獲得しのに成功するようになる。 幼い頃、孤児院で育ち、今まで'貧しい歌手''孤児院出身の歌手'など多くの障害物と同じ修飾語を克服するまでどれだけ多くの叱咤と偏見があったかを推測することができる。 しかし、シンソンフンは自分の最悪の短所を走ってとてもはさみ行い、一日に2時間寝ながら熱心に準備してきており、準備しただけに日本で、崔短期間に新人スターの座に抱えることになるか、早くから関心が集中している。 シンソンフンは絶対'不可能'で絶対'可能'に転じかねないというよい例を示している新韓流スーパールーキーの歌手として呼ばれる日があまり残ってなかったということを予告してみる。
5
ココロが日本歌手最初の韓国ドラマOSTを韓国語で歌い話題を集めている。
ココロが日本歌手最初の韓国ドラマOSTを韓国語で歌い話題を集めている。
[ASIABIGNEWS 星山壮鎬 記者] [PHOTO=PLUSMEDIA] KBS2 TV小説ドラマ「その女の海」のOST収録曲「今でも私は」の主人公に抜擢された女性シンガーココロは日本のオーディション番組「OL Singer」のTOP10出身であり、2016年に大韓民国文化芸能大賞インターナショナルアワーズで受賞者に選ばれ関心を集めた。 ココロのドラマOSTの歌唱は日本のオーディション番組出身という事も事実だが、何より完璧な韓国語の発音が歴代海外アーティストが歌う韓国の歌の中で断然に最高と言うほど情熱と努力が際立つ。 ココロの"今でも私は"は去って行った昔の彼を変わらず恋しく悲しい内容を胸が苦しく詩的に描いた歌だ。 叙情的な旋律と悲しみの感性をピアノ演奏を基にアナログした編曲で曲の雰囲気を感性的に導く。 "今日も起きて呆然と携帯を見つめ / もしかしたらと貴方のメッセージを確認する私は / 冷たく背を向ける貴方の姿は未だに鮮明で......貴方の話し方、貴方の表情、とても恋しくて / 辛かった別れも私には大切で / 貴方を忘れようと努力しても / 再びまた貴方に戻っていく私" で表現した歌詞が悲しみの深さを伝えている。 "今でも私は 今でも私は 貴方を離せないのに / 貴方の香りも 貴方の眼差しも私には残ってるのに" という繰り返しに至りココロの哀切なボイスと胸の痛むドラマの内容が調和して、劇的な緊張が彷彿しているようだ。 この曲はスチルハート、SS301ホ・ヨンセン、NORAZO等のドラマOST曲を書いたBadbossとシアジュンス、チョン・ドンハをはじめ、ドラマ"吹けよ、ミプン(原題)" "相続者たち" "本当に良い時代" OSTを作業したKAIGER、そしてシンガーソングライターのチョン・ヨンドが共同で作詞、作曲、編曲に参加した末、作られた。 OST制作者プラスメディア側は"日本の歌手として韓国ドラマのOSTを完璧にこなす程、韓国語駆使に長けたココロの努力にレコーディング関係者たちも驚きを隠せなかった"と明かした。